2010年05月17日

チェイス〜国税査察官〜 史上最大のスキーム〜六千億円をめぐる攻防!5 話

餓死したはずの村雲修次の母親が生きていて、警察署長の南紀白浜にある豪華別荘に住んでいた? これはもしかして、母親が、 檜山正道から受け取った身代金を着服してた可能性高いってこと?

そうなると、村上修次の敵は父親の檜山正道ではなくて、母親ということになる・・。

ますますこれからの展開がわからなくなってきました。来週が楽しみ

Free Life The Best of YOSUKE EGUCHI1994〜1998
Free Life The Best of YOSUKE EGUCHI1994〜1998江口洋介



続きを読む
posted by drama-style at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月11日

チェイス〜国税査察官 復讐 コーポレート インバージョン 第4話

今回の租税回避処置を二点まとめて見る。 

コーポレイト インバージョン

三角合併によって法人税の安い外国につくったペーパーカンパニーを親会社とし、日本の会社を子会社とすることで、親会社が作ったように見せかけた人材管理ソフトの著作権料を外国親会社に払い続けることによって、日本では著作権料を経費計上出来て、外国の親会社では著作権量で得た収入を低い税率で税金を払う事により、事実上利益を外国に付け替えるスキームらしい。

つまり、日本で稼いだ金を、日本で税金払わず、税金の安い外国で税金払っている事になるんですねー。これじゃ、日本国内の再投資に繋がらないし、税金も取れないので、日本国内にお金が回らなくなってしまいますね。法人税を下げていかなければなりません・・。

6千億円の資産の相続税を回避するスキームとは?

不動産資産を除いた5800億円の株を買い、被相続人が死亡するまでにその株を意図的に下げておく。株価が1/100になれば被相続人が死亡したときは資産圧縮されているので相続税も1/100になる。ほとぼりが覚めた頃に株を上昇させて売り抜ければ、大幅に相続税を節税できる。

村雲が目をつけたのは、ボリビアにある炭酸リチウム採掘所で、ここの株を買って、その後に事故を起こさせるつもりらしい。でも、株価を暴落させた後、どうやって株価を元に戻すのか謎? 事故を起こした会社に多額融資をして復興を助けるのか・・?

査察の仕事の矛盾とは

税法上、違法行為で儲けたお金でも課税対象になる。よって、目の前で違法行為が行われていても、利益があれば税金を取らなければならないので、警察へ通報が出来ない。そこに大きな矛盾がある。査察の正義なんて税金をとるためだけの正義にすぎない・・・。

ドラマでは売春を見逃した査察官の収賄疑惑が報道されておりましたが、なかなか恐ろしい話です。

天下のNHKがマルサの弱みを
大々的に公表していいのでしょうか・・・

そういえば、こんな話ありましたね。
被害者のためにサラ金やオウムやヤクザや国税と戦う弁護士

地検が押収した犯罪者の資産を国税庁が差し押さえたお話。税金はどの債務よりも優先で、裁判所の許可も必要ないので容赦ないんだとか。

マルサの女で査察官の痛快な活躍を見てきた世代としては、ちょっと複雑な気持ちですね。

国税査察官 (講談社文庫)国税査察官 (講談社文庫)

続きを読む
posted by drama-style at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月03日

チェイス〜国税査察官〜 パーマネント・トラベラー 第3話

パーマネント・トラベラー(永遠に税金を払わない終身旅行者) の話は、以前から知っていたが、それを捏造する話は今回はじめて聞きました。確かにパーマネント・トラベラーは現役を引退したような人がやるもので、可愛い盛りの子供のいるお父さんがやるものではありませんね。

ドラマの中の言葉。

「人の悪意というものは重力のようなものだと思います。報われなかった善意や正義感の裏側に同じだけの悪意が根をはるんだ。あなたをこの世界を憎む権利がある。」まさに悪魔の言葉。こうやって人はダークサイドに落ちていくんですね・・・。
税金を払わない終身旅行者
  ―究極の節税法PT(パーマネントトラベラー)
税金を払わない終身旅行者―究極の節税法PT
おすすめ平均
stars古い本だが参考になる
stars興味深い−要確認ではあります
starsこの本は廃刊にすべき
stars居住者、非居住者
stars同感

続きを読む
posted by drama-style at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月28日

チェイス〜国税査察官 イミテーションゴールド 第2話

マルサの女 以来の本格国税査察官ドラマ。緻密なストーリ展開にわくわくハラハラ。

今回は、18億円を日本に持ち込むために偽物のジュエリーを用意し、日本の空港税関で「外国製品持出届」を提出し、外国に持ち出す。外国で本物の宝石にすり替え日本に持ち帰り換金。(イミテーションゴールド)

相続税を節税するために、相続税のない国で子供を作り、その子に相続するスキームを実行することに・・・。

国税査察官 (講談社文庫)国税査察官 (講談社文庫)



Amazonで詳しく見る
by G-Tools
続きを読む
posted by drama-style at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月19日

チェイス〜国税査察官 カリブの手品師 第一話

マルサの女 以来の本格国税査察官ドラマ。緻密なストーリ展開にわくわくハラハラ。

以下ドラマに出てきた言葉をメモっておく。

レバレッジドリース
40億円の旅客機を見込み利益10億円と借入金30億円で購入し東アジア航空へリース。一年間で10億円を減価償却できる(タックスシェルター(租税回避商品))

しかも、飛行機が墜落したら、飛行機の賠償金(違約金)40億円合法的に入る・・。

タックスヘイブン

香港、リヒテンシュタイン、バハマ、マーシャル諸島では、税金が抑えられているところがあり、顧客情報も保護されるため、税務調査の手が及ばない。バージン諸島も同じく。

香港
大きな地図で見る

リヒテンシュタイン
大きな地図で見る

バハマ
大きな地図で見る

マーシャル諸島
大きな地図で見る

バージン諸島
大きな地図で見る

B勘=裏勘定
http://ameblo.jp/h-tsuchiya/entry-10137656223.html

無記名債権
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kikucyt/e/ma_Data/mukmisk.html

ちょっと古い本だけど、この本は面白かった。

税金を払わない終身旅行者
  ―究極の節税法PT(パーマネントトラベラー)
税金を払わない終身旅行者―究極の節税法PT
おすすめ平均
stars古い本だが参考になる
stars興味深い−要確認ではあります
starsこの本は廃刊にすべき
stars居住者、非居住者
stars同感
続きを読む
posted by drama-style at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。