2011年08月26日

大原麗子 炎のように

大原麗子 炎のように
大原麗子 炎のように

序文、大原麗子と筆者の真夜中の激しい電話のやり取りから始まります。孤独死する前のおよそ2ヶ月前の出来事だったようです。どうやら晩年躁鬱病に悩まされ、薬の副作用も手伝って、毎晩のように様々な知人に暴言や愚痴を浴びせ続けたようです。

大原麗子の生い立ちでは、父に浮気され、たびたび暴力を振るわれたことがかかれております。私が思い浮かぶに、大原麗子はアダルトチルドレンだったのではないかと。

アダルトチルドレン

親による虐待や、アルコール依存症の親がいる家庭や機能不全家庭で育ち、その体験が成人になっても心理的外傷として残っている人をいう。破滅的であったり、完璧主義であったり、対人関係が苦手であるといった、いくつかの特徴がある。成人後も無意識裏に実生活や人間関係の構築に、深刻な悪影響を及ぼしている。

親から虐待されて育った子供は、自分を大事に出来ず身を削る様に仕事に打ち込んでいく傾向があるようです。

ACの主なタイプの特徴

その事が、女優として成功を納めていくと同時に、家庭生活の不和を生み2度の離婚に至ったようです。今まで隠されていましたが、大原麗子は森進一との間に出来た子供を夫に内緒で降ろしていたそうで、その事はお亡くなりになるまで夫に打ち明けなかったそうです。

テレビで見る大原麗子は、まさに貫禄のある大女優でした。その女優業のために炎のように身を削って生きてきたと思うと忍びないです。改めてご冥福をお祈り申し上げます。

大原麗子メモリー ずっと好きでいて
大原麗子メモリー ずっと好きでいて

posted by drama-style at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。