2011年10月20日

家政婦のミタを見てたら、笑うセールスマンを思い出したでござる。僕を裏切ったアイツを殺して 第2話

家政婦のミタさんが、「承知しました。どうなっても知りませんよ オーッホッホッホッホ」と言い始めそう。

来週は、あの父親の不倫を会社中にばらすそうで・・・。

どうなってしまうんでしょう・・。

笑ウせぇるすまんココロ痴漢 (Chuko コミック Lite Special 11)
笑ウせぇるすまんココロ痴漢 (Chuko コミック Lite Special 11)藤子 不二雄A

posted by drama-style at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年10月13日

家政婦のミタ 崩壊寸前の家庭にやって来た笑顔を忘れた氷の女… 第一話

失って初めてその良さが分る事が実感できるドラマなのかなと思ったら、来月は殺人依頼??どうなってしまうんだ?

家政婦のミタさんは、アスペルガーっぽいかなと思ったけど、ドラマを盛りたてるミステリーな役柄みたい・・。

松嶋菜々子・イン・ホワイトアウト松嶋菜々子・イン・ホワイトアウト
渡部 伸

眉山 母なる山―松嶋菜々子 たびぼん 竹内結子タヒチ旅日誌 (Angel Works)

続きを読む
posted by drama-style at 10:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年10月02日

光る壁画

光る壁画 (新潮文庫)
光る壁画 (新潮文庫)吉村 昭

言わずと知れた、オリンパスの胃カメラ開発物語。

終戦後の日本に、敗戦の虚無感が漂う中、胃の病気で亡くなる人が多いことに気にやんだ医師 梶哲朗が、オリンパスを巻き込み胃カメラの開発を持ちかける・・・。

ゼロ戦は開戦当時、高速で攻撃力があって、他の戦闘機を圧倒したが、それは乗務員の防弾壁を取り払って軽く作ってあったからだ。日本には乗務員の命を守るという発想がなかった。

やがて、防弾壁をつけて重かったグラマンはそれを支える強力なエンジンを開発してゼロ戦を圧倒していった。

もし、人の命を救える技術が目の前にあったとしたらそれに捧げたい。

曽根菊男のおもいに心打たれました。

そして、ガストロカメラが発表された医学会での冷ややかな反応は、出る杭を打つような封建的な日本社会の縮図のように思えました。

ドラマを見ていたら、OLYMPUS PEN が欲しくなって来ました。

続きを読む
posted by drama-style at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。